【Game With vs FAV】注目の日本チーム同士の試合結果は⁉︎

【Game With vs FAV】注目の日本チーム同士の試合結果は⁉︎

クラロワリーグアジア シーズン2 GroupB Match10が9月12日に行われ、GameWithとFAV gamingの日本チーム同士が激突した。


SET1の2on2でGameWithの焼き鳥・ユイヒイロのペアは巨スケトルネ入りの防衛の硬いデッキ、FAVのけんつめし・きたっしゃんのペアも巨スケトルネ入りの防衛の硬いデッキとお互い呪文でタワーを削っていくデッキの選択となりました。

呪文の多いFAVに有利な試合展開となりGAME 1はFAV gamingが勝利した。両チームともGAME2も同じデッキの採用でした。試合展開はGAME1と変わらず呪文での削りが素早いFAV gamingが勝利し、チームの流れを作りたいSET1はFAV gamingが勝利した。


SET2のGAME1ではGameWithのRolaporon選手とFAVのJACK選手の対決となった。GAME1はRolaporon選手は高回転のバルーンデッキ、JACK選手はラヴァバルーンデッキの採用でした。

お互いにタワーを折りあう1-1交換になりましたがRolaporon選手の対空に対するユニットの少なさが厳しい展開となり、GAME1はJACK選手が勝利しました。


GAME2ではRolaporon選手はゴーレムデッキ、JACK選手はエリポンクロスの採用でした。

JACK選手がエリポンを置くタイミングに合わせたRolaporon選手の橋前ゴーレムが刺さりRolaporon選手がGAME2に勝利しました。


GAME3ではRolaporon選手は高回転バルーン、JACK選手は2.9クロスの採用でした。

陸受けが少なく大型呪文のないRolaporon選手はクロスに対する有効な手段をあまり取れませんでした。粘りを見せたもののタワーへのダメージ量の差でJACK選手が勝利しました。


注目の日本チーム同士の戦いはSETカウント2-0でFAV gamingが勝利しました。この結果により優勝候補であるGame WithがGroupB内で最下位に陥る事になりました。これからのGame Withの復活劇が見られるのか今後も注目していきたいです。

大会アーカイブ

12:28〜   

焼き鳥・ユイヒイロvs けんつめし・きたっしゃん

25:20〜

Rolaporon vs JACK


esportsカテゴリの最新記事